• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 ピン 」 でキーワード検索した結果

同義語:
  • ぴん
...等でも検索しました

18件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 【TI:ロジック】 ロジック全般 ダンピング抵抗とは

    反射によるオーバーシュート及びアンダーシュートを回避するために、一般的には出力にダンピング抵抗を 付加する手法が用いられます。 TI社ではダンピング抵抗内蔵の製品を一部取り扱っています。 <利点> ●ラインインピーダンスマッチングやライン終端がより容易 ... 詳細表示

    • No:3193
    • 公開日時:2019/02/28 20:41
    • 更新日時:2019/06/11 15:42
    • カテゴリー: ロジック
  • 【Lattice:FPGA】JTAGピンを専用ピンとして使用する場合、JTAGENBピンはどのように処理すれば良いでしょうか。

    JTAGENBピンはOpenとしてください。 【注意事項】 Diamond Spreadsheet ViewのGlobal Preferencesタブで"JTAG_PORT = ENABLE"(デフォルト) となっていることをご確認ください。 この場合JTAGENBピンはコンフィグレーション後にユーザI/Oとなりま 詳細表示

    • No:1760
    • 公開日時:2018/09/14 14:46
    • 更新日時:2018/10/01 11:50
    • カテゴリー: FPGA
  • 【Lattice:CPLD/FPGA】デバイスの未使用ピンの処理方法

    ラティスセミコンダクターのFPGAおよびCPLDでは、未使用ピンには自動で 内部プルダウン処理されるため、外部処理は必要ありません。 下記、ラティスセミコンダクターのアンサーデータベースもご参照ください。 Do the unused I/O pins need to be grounded in a device 詳細表示

    • No:940
    • 公開日時:2018/08/22 17:43
    • 更新日時:2018/10/01 11:42
    • カテゴリー: CPLD  ,  FPGA
  • 【TI:プロセッサ】 プロセッサ共通 JTAGピンヘッダについて

    ①エミュレータとターゲットボードのJTAG変換コネクタのクロスリファレンスについては JTAG connectors cross referenceを確認してください。 ②対応する変換コネクタがある場合は、メーカーサイトへリンクまたは提供会社が 紹介されていますので、個別に確認してください。 詳細表示

    • No:2640
    • 公開日時:2018/11/29 16:25
    • 更新日時:2018/12/12 18:51
    • カテゴリー: プロセッサ
  • 【TI:ロジック】 反射ノイズ対策について

    反射ノイズの対策として下記対策がとられています。 1. 並列終端(プルアップ/プルダウン) 伝送ラインの終端に伝送ラインの特性インピーダンスと同等の抵抗を並列に付けます。 きれいな波形を期待できますが、電流規定の確認と消費電力が大きくなるので注意が必要です。 ... 詳細表示

    • No:3354
    • 公開日時:2019/03/27 15:31
    • 更新日時:2019/07/31 15:43
    • カテゴリー: ロジック

  • 【TI:プロセッサ】 AM335x 内部抵抗値について

    各I/Oピンの内部PU/PDの抵抗値は、データシートに記載していません。 そのため、DC Electrical Characteristicsに記載のIL(Input Leakage current)より算出してください。 “All other LVCMOS pins”については、電源入力のVDDSHVx(x=1 詳細表示

    • No:2644
    • 公開日時:2018/11/30 17:18
    • 更新日時:2018/12/12 17:26
    • カテゴリー: プロセッサ
  • 【TI:電源IC】 TPS2557、TPS2065 ENピンのプルダウン抵抗有無

    内部でプルダウン抵抗はありません。 EN端子はOpenにせずに使用してください。 詳細表示

    • No:770
    • 公開日時:2018/08/17 13:12
    • 更新日時:2019/03/28 16:37
    • カテゴリー: 電源IC
  • 【TI:インターフェイス】 TPD4E004 電圧のクランプ目的として用いる場合

    ①抵抗は付けたほうが良いです。 コネクタを経由してサージが入った場合、TVSダイオードでもVfに対応する電圧が上昇します。 従って入出力端子電圧が上がり、デバイスの持つクランプダイオードへの影響が考えられます。 そのため電流制限として、(例えば)33ohm程度を追加する事をお勧めします。 参考です... 詳細表示

  • 【TI:インターフェイス】 TPD4E5U06使用方法について

    ①使用可能です。 ②端子名は異なっていますが、内部構造は同じであり端子名の極性と逆の接続でも問題ありません。 端子名の極性は"参考”ととらえてください。 詳細表示

  • 【TI:電源IC】 LM5022 の使用方法について

    LM5022のソフトスタートの機能は、SSピン電圧でCOMPピン電圧の制御とスイッチ電流の制御が行われています。 (データシート12ページ参照) この機能はVCC電圧とUVLOが規定以上の電圧となった時です。9ページの内部ブロック図において、 SS電圧が誤差アンプの動作を制御するような構成が記載されています。 詳細表示

    • No:2381
    • 公開日時:2018/10/31 15:35
    • 更新日時:2019/01/30 15:21
    • カテゴリー: 電源IC

18件中 1 - 10 件を表示

※FAQにて問題が解決しない場合は、ヘルプデスク(お問い合わせ)をご利用ください。 新規のお問い合わせは、各製品カテゴリーのページより受け付けております。 お問い合わせの内容に適した製品カテゴリーを選択し、お問い合わせください。 「お問い合わせ」のリンクが表示されない方は、下記を確認ください。
【TEDサポートウェブ】 ヘルプデスクメーカー追加依頼
※FAQにて問題が解決しない場合は、ヘルプデスク(お問い合わせ)をご利用ください。 ヘルプデスク(お問い合わせ)のご利用には、ログインが必要です。
≪ログインはこちらから≫
アカウントをお持ちでない方は、下記を確認ください。
【TEDサポートウェブ】ヘルプデスク(お問い合わせ)の利用について
※管理者画面からはヘルプデスク(お問い合わせ)が利用できません。 問い合わせを行いたい方は、エンドユーザーアカウントにて ログインし直してください。