• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 ロジック 」 でキーワード検索した結果

同義語:
  • logic
  • ろじっく
...等でも検索しました

83件中 41 - 50 件を表示

5 / 9ページ
  • 【TI:ロジック】 SN74LV123Aのパーシャル・パワーダウン対応について

    /A, B, /CLR, Q, /Qの各端子は、パーシャル・パワーダウンに対応しています。 Rext/CextとCext端子は、パーシャル・パワーダウンに対応していません。 (SN74LV123Aの電源OFF時、正常な使い方であればRext/CextとCext端子に、 外部から電圧が印可されることはありませ... 詳細表示

    • No:3916
    • 公開日時:2019/08/06 17:33
    • 更新日時:2020/03/03 15:08
    • カテゴリー: ロジック

  • 【TI:ロジック】 SN74LV123Aの保護ダイオードについて

    【判断基準】 以下の式が成り立つとき、外付けダイオードによる保護が必要となります。 t < (Vcc x Ct) / 20mA t:電源電圧の立下り時間[ns] Vcc:電源電圧[V] Ct:タイミング・コンデンサ容量[pF] 電源OFFによってタイミング・コンデンサ内の電... 詳細表示

    • No:3914
    • 公開日時:2019/08/06 17:33
    • 更新日時:2020/02/04 16:15
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 SN74LV123AのCext端子処理について

    SN74LV123AのCext端子は、チップ上でグランドに内部接続されていますので、 外部でGNDに接続しなくても動作はします。 しかし本デバイスは、Cext/Rext端子とCext端子の間に接続された、 タイミング・コンデンサの充・放電による電位変化を監視している半アナログ製品となりますので、 ... 詳細表示

    • No:3913
    • 公開日時:2019/08/06 17:32
    • 更新日時:2020/02/04 16:12
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 SN74LV123Aの出力パルス誤差について

    データシートでは、比較的誤差の出にくい代表的な3種類の組み合わせについてパルス幅を記載しています。 パルス幅の誤差は、外付け部品に左右される特性である為残念ながら保証していません。 必ず実機で評価してください。 出典:SN74LV123Aデータシート REVISED AUGUST 2... 詳細表示

    • No:3912
    • 公開日時:2019/08/06 17:32
    • 更新日時:2020/02/04 16:11
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 SN74LV123Aの外付けタイミング抵抗について

    タイミング抵抗(Rext)は、 Vcc = 2V時、5KΩ以上 Vcc ≧ 3V時、1KΩ以上 とデータシート上で規定されています。上限については、特に規定されていません。 Rext/Cext端子の入力電流の最大値は、Vcc = 5.5V時に±2.5uAと規定されています。 この... 詳細表示

    • No:3911
    • 公開日時:2019/08/06 17:32
    • 更新日時:2020/02/04 15:13
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 SN74LV123Aのリトリガ動作の注意事項について

    1. リトリガの周期が短いとき SN74LV123Aに接続されたタイミング・コンデンサは、平常時Vcc電位に充電されています。 /A、Bおよび/CLRのトリガは、SN74LV123A内部のフリップフロップに入力される構造になっています。 トリガが入力されると、SN74LV123Aはチップ内でタイ... 詳細表示

    • No:3765
    • 公開日時:2019/07/26 09:24
    • 更新日時:2019/12/23 15:55
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 SN74LVTH16244Aの電源について

    すべての電源(Vcc)端子は、デバイス内部でCOMMONとなっています。 また、すべてのGND端子もデバイス内部でCOMMONとなっています。 したがって、電源端子が1本でもつながっていれば基本的に動作しますが、 ノイズの分散・吸収、電源電流の供給(電源インピーダンスの減少)を目的に、 電源端子の複数配置... 詳細表示

    • No:3762
    • 公開日時:2019/07/26 09:22
    • 更新日時:2020/02/04 15:05
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 バス・ホールド回路がアクティブになる条件について

    バス・ホールド回路は、デバイスの電源が入っているときは常に動作しています。 入力の変化に対してリアルタイムで追従し、入力と同じ論理を出力し自身の入力ピンをドライブしています。 しかし、バス・ホールド回路のドライブ能力が非常に小さいため、通常その影響は見えにくくなります。 バスがフローティング時等外部からのド... 詳細表示

    • No:3760
    • 公開日時:2019/07/26 09:21
    • 更新日時:2019/12/23 15:29
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 出力端子の電流規定について

    デバイスの正常動作を保証し、1ピンあとりの出力端子が流すことができる電流値は、 推奨動作条件(Recommended Operating Conditions)にて、IOH/IOLとして規定されています。 出典:SN74LV244Aデータシート REVISED OCTOBER 2015... 詳細表示

    • No:3597
    • 公開日時:2019/06/03 13:39
    • 更新日時:2019/11/12 10:49
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 バス・ホールド回路を使用時の注意点

    バス・ホールド回路が、論理を保持できる電流はII(hold)として規定されています。 たとえば下記デバイスでは、VCC = 3Vのとき±75uAの電流を流すことができます。 バス・ホールド時に、この値を超える電流が流れると、バス・ホールド回路は正しく論理を維持できなくなります。 また、バス・ホールド... 詳細表示

    • No:3564
    • 公開日時:2019/06/03 13:38
    • 更新日時:2020/02/04 15:23
    • カテゴリー: ロジック

83件中 41 - 50 件を表示

※FAQにて問題が解決しない場合は、ヘルプデスク(お問い合わせ)をご利用ください。 新規のお問い合わせは、各製品カテゴリーのページより受け付けております。 お問い合わせの内容に適した製品カテゴリーを選択し、お問い合わせください。 「お問い合わせ」のリンクが表示されない方は、下記を確認ください。
【TEDサポートウェブ】 ヘルプデスクメーカー追加依頼
※FAQにて問題が解決しない場合は、ヘルプデスク(お問い合わせ)をご利用ください。 ヘルプデスク(お問い合わせ)のご利用には、ログインが必要です。
≪ログインはこちらから≫
アカウントをお持ちでない方は、下記を確認ください。
【TEDサポートウェブ】ヘルプデスク(お問い合わせ)の利用について
※管理者画面からはヘルプデスク(お問い合わせ)が利用できません。 問い合わせを行いたい方は、エンドユーザーアカウントにて ログインし直してください。