• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 電源 」 でキーワード検索した結果

73件中 61 - 70 件を表示

7 / 8ページ
  • 【TI:アンプ】 オペアンプをコンパレータとして使う方法

    品はコンパレータとして使用できません。 ダイオードの有無は通常、絶対最大定格欄の「差動入力レンジ」および内部ブロック図等で確認できます。 差動入力レンジが電源電圧範囲と同じ、またはそれ以上の製品であれば使用できますが、 コンパレータ特有のスペック規定がありませんので、十分評価してください。 詳細表示

    • No:1084
    • 公開日時:2018/08/23 12:09
    • 更新日時:2018/10/01 17:18
    • カテゴリー: アンプ
  • 【TI:プロセッサ】 TIエミュレータの違いについて

    ジを参照してください。 対応インターフェースは下記の通りです。 TMDSEMU560V2STM-UE:USB, Ethernet *外部電源が必要 TMDSEMU560V2STM-U:USB TMDSEMU200-U:USB TMDSEMU110-U:USB *CCSv7以降に対応 詳細表示

    • No:895
    • 公開日時:2018/08/21 10:27
    • 更新日時:2018/10/01 18:48
    • カテゴリー: プロセッサ
  • 【TI:オーディオ】 TPA3255 内部ゲイン及び回路構成について

    出力特性から150W/8Ω(THD=1%)を得る為にはBTL接続でVdd=52Vが必要です。(データシート11ページの図8より) PBTL接続とした場合でも出力段FETのON抵抗半減による電圧振幅の増加はごくわずかです。 但しTHD=10%の規定であればVdd=48Vで160W/8Ωの出力が得られます。(デ... 詳細表示

    • No:644
    • 公開日時:2018/08/10 10:05
    • 更新日時:2018/10/01 19:07
    • カテゴリー: オーディオ
  • 【TI:プロセッサ】 AM572x 評価ボードについて

    User's Guide 上記評価ボードにACアダプタは同梱されておりません。 下記仕様のACアダプタを別途用意する必要があります。 ***** 電源定格:12V、5A 口径:2.5 mm(外径:5.5mm) ***** 産業用アプリケーション向けの評価ボードは下記の製品があります。 詳 詳細表示

    • No:3756
    • 公開日時:2019/03/12 17:30
    • 更新日時:2019/06/28 17:41
    • カテゴリー: プロセッサ
  • 【TI:ロジック】 未使用端子の処理について

    して入力端子は、レベルを固定することが必要となります。 このとき、短絡など大電流による回路破壊を防ぐ目的から電源あるいはGNDと結線するときは、 一般的に数kから100kΩほどの抵抗を介して電源(プルアップ)あるいはGND(プルダウン)に接続する対策がとられます。 出力端子はOpen(端子処理 詳細表示

    • No:3353
    • 公開日時:2019/03/27 15:06
    • 更新日時:2019/07/31 15:39
    • カテゴリー: ロジック

  • 【TI:ロジック】 アナログスイッチ製品のシリーズ比較について

    各シリーズの機能について下記を参照してください。 ■SN74CBT/CBTxxC シリーズの機能 電源電圧が5Vの時に使用する標準的なバス・スイッチの特性例 5Vで使用する場合、入力信号にくらべ出力信号の電圧が、内部のON抵抗分(Vccから約1V)低下します。 その為、外部でプルアッ 詳細表示

    • No:3349
    • 公開日時:2019/03/27 13:41
    • 更新日時:2019/07/31 15:30
    • カテゴリー: ロジック

  • 【TI:モーター・ドライバ】 DRV8835 消費電力とジャンクション温度の考え方

    (平均値) RDS(on):内部FETオン抵抗 RDS(on)に関しては8ページのFigure 4. RDS(ON)の温度特性で、本来はVcc(電源)、VM(モータ電源) の条件で求めますが、デバイスの合計の内部FETオン抵抗として約1Ωとして見積もって 計算することが出来ます。(High/Low-Side x2個分) 詳細表示

  • 【TI:ロジック】 ロジック全般 TTL入力とは

    TTL入力タイプのデバイスは入力スレッショルドが1.5V付近で設計されています。 スペックとしては、電源電圧値によらず入力電圧はVIH=2.0VおよびVIL=0.8Vで規定されています。 この機能を利用して期待される出力電圧レベルをVCCに印加すると、昇圧が可能となります。 但し、TTLレベルの信号 詳細表示

    • No:3207
    • 公開日時:2019/02/28 21:09
    • 更新日時:2019/03/01 11:55
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:アンプ】 コンパレータ 未使用端子の処理

    処理方法は二通りあります。 ①未使用端子はVCMの範囲以内で、IN+とIN-のそれぞれを明確に違うレベルに設定してください。 VCMが電源のレールまで許されているならば、一方の入力をVCCへ別の片方をグランドへ接続してください。 出力はオープンのままにしてください。 ②VCMの範囲がグランドレ 詳細表示

    • No:1180
    • 公開日時:2018/08/27 11:37
    • 更新日時:2018/10/01 16:11
    • カテゴリー: アンプ
  • 【TI:プロセッサ】 AM571x 評価ボードについて

    er's Guide 上記評価ボードにACアダプタは同梱されておりません。 下記仕様のACアダプタを別途用意する必要があります。 ***** 電源定格:5V、6.5A 口径:2.5 mm(外径:5.5mm) ***** また、LCDが必要な場合は"AM57x IDK LCD キット"を別途購入してください。 詳細表示

    • No:3179
    • 公開日時:2019/03/12 17:25
    • 更新日時:2019/06/11 17:31
    • カテゴリー: プロセッサ

73件中 61 - 70 件を表示

※FAQにて問題が解決しない場合は、ヘルプデスク(お問い合わせ)をご利用ください。 新規のお問い合わせは、各製品カテゴリーのページより受け付けております。 お問い合わせの内容に適した製品カテゴリーを選択し、お問い合わせください。 「お問い合わせ」のリンクが表示されない方は、下記を確認ください。
【TEDサポートウェブ】 ヘルプデスクメーカー追加依頼
※FAQにて問題が解決しない場合は、ヘルプデスク(お問い合わせ)をご利用ください。 ヘルプデスク(お問い合わせ)のご利用には、ログインが必要です。
≪ログインはこちらから≫
アカウントをお持ちでない方は、下記を確認ください。
【TEDサポートウェブ】ヘルプデスク(お問い合わせ)の利用について
※管理者画面からはヘルプデスク(お問い合わせ)が利用できません。 問い合わせを行いたい方は、エンドユーザーアカウントにて ログインし直してください。