• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 Texas Instruments 』 内のFAQ

227件中 31 - 40 件を表示

4 / 23ページ
  • 【TI:電源IC】 TPS55318/9 Power Good端子について

    6.5V以下であれば電気的に問題ありませんが、PGOODはVDD端子が1V以上で有効となります。 プルアップ先の電源がVDDより先に供給される場合、PGOOD端子はOpenとなりますので、 VOUTが設定値でないにも関わらずHighとなります。 PGOOD出力をENとANDを取る等の対策で回避可能ですが... 詳細表示

    • No:771
    • 公開日時:2018/08/17 13:14
    • 更新日時:2019/03/28 16:38
    • カテゴリー: 電源IC
  • 【TI:プロセッサ】 AM335x 電源ソリューション(Power management IC; PMIC)

    AM335xで利用可能なPMICは下記の通りです。詳細はユーザーガイドを確認してください。 ・TPS650250  ユーザーガイド:Powering the AM335x With the TPS650250 ・TPS65217x  ユーザーガイド:Powering the A... 詳細表示

    • No:2549
    • 公開日時:2019/08/20 15:30
    • カテゴリー: プロセッサ
  • 【TI:プロセッサ】 AM335x SD/eMMC Bus Speed Mode

    AM335xのMMCインタフェースのBus Speed Modeは下記の通りです。  ‐ AM335x MMC:Single Data Rate、3.3/1.8VIO Voltage、1, 4, 8-bit Bus Width、0-48MHzClock Frequency SD Phy... 詳細表示

    • No:3433
    • 公開日時:2019/08/16 11:33
    • カテゴリー: プロセッサ

  • 【TI:ロジック】 レベルシフタ 必要性と解決方法(降圧)

    異なる電源電圧値が、供給されたデバイス間の信号をそのままやり取りしてしまうと、 電源電圧値が小さいデバイス側の定格を超えてしまう現象が発生し、デバイスの破壊につながります。 そこで必要となるのが、電圧レベル変換機能です。 レベルシフタやレベル変換ICと呼ばれます。 高い電圧から低い電圧へ... 詳細表示

    • No:3196
    • 公開日時:2019/02/28 20:56
    • 更新日時:2019/03/01 12:00
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 ロジック全般 パワー・アップ・スリーステートとパーシャル・パワーダウンの違い

    ●パワー・アップ・スリーステート(IOZPU/PD保証) VCC=0V~パワー・アップ・スリーステート規定電圧までの出力リーク電流を保証します。 /OE端子をプルアップすることで電源オン/オフの過渡時或いは 基板コネクタへの脱着時に、より確実にHi-Z状態を維持させることが出来ます。 ... 詳細表示

    • No:3190
    • 公開日時:2019/02/28 20:34
    • 更新日時:2019/06/11 15:37
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:センサ】 IWR1443 到来角推定アルゴリズム

    IWR1443ではAngle-FFT (3D FFT)を使用して到来角の推定を行います。 MUSIC法、ESPRIT法等のアルゴリズムを使用されたい場合は、外部プロセッサで処理する必要があります。 詳細はこちらのアプリケーションノートを参照してください。 詳細表示

  • 【TI:ロジック】 TXBシリーズ 使用上の注意点

    ①TXBシリーズに接続するデバイスは、±2mA以上の出力電流能力を有するドライバーを使用して下さい。 ②動作中の電源電圧は、常にVCCA≦VCCBとなっていなければなりません。  但し、電源を投入する過程(過渡)においては、VCCA≧VCCBとなることは、特に問題ありません。  電源投入... 詳細表示

    • No:506
    • 公開日時:2018/08/06 16:20
    • 更新日時:2018/10/01 19:00
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:アンプ】 入力電圧について

    入力端子へ流せる最大電流が規定されているオペアンプの場合、 高電圧印加時にその電流以下になるような電流制限抵抗を入れることで保護が出来ます。 最大電流が規定されていない場合は、オペアンプの入力端子と電源間にダイオードを接続してください。 また、高電圧印加時にダイオードが破壊されないように、オ... 詳細表示

    • No:3406
    • 公開日時:2019/03/28 17:43
    • 更新日時:2019/08/22 16:33
    • カテゴリー: アンプ

  • 【TI:ロジック】 バス・スイッチのオン抵抗特性について

    オン抵抗が低いほど出力信号が減衰せず、特性がフラットほど波形が歪みません。 下記は、CBT、CBTLV、CB3Qのオン抵抗特性ですが、CBTに比べCB3Qがいかに優れていることがわかります。 CBTLV: スイッチ部は、Pch/Nchのパラレル回路構成のため、オン抵抗は低いが、... 詳細表示

    • No:3346
    • 公開日時:2019/03/27 11:38
    • 更新日時:2019/07/31 15:26
    • カテゴリー: ロジック

  • 【TI:センサ】 ミリ波センサー 最短測定距離

    IWR1443、IWR1642は最短で約3cmの距離が測定できます。最短距離はChirp Proflie等の設定により変化します。 詳細表示

227件中 31 - 40 件を表示

※FAQにて問題が解決しない場合は、ヘルプデスク(お問い合わせ)をご利用ください。 新規のお問い合わせは、各製品カテゴリーのページより受け付けております。 お問い合わせの内容に適した製品カテゴリーを選択し、お問い合わせください。 「お問い合わせ」のリンクが表示されない方は、下記を確認ください。
【TEDサポートウェブ】 ヘルプデスクメーカー追加依頼
※FAQにて問題が解決しない場合は、ヘルプデスク(お問い合わせ)をご利用ください。 ヘルプデスク(お問い合わせ)のご利用には、ログインが必要です。
≪ログインはこちらから≫
アカウントをお持ちでない方は、下記を確認ください。
【TEDサポートウェブ】ヘルプデスク(お問い合わせ)の利用について
※管理者画面からはヘルプデスク(お問い合わせ)が利用できません。 問い合わせを行いたい方は、エンドユーザーアカウントにて ログインし直してください。