• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ロジック 』 内のFAQ

114件中 81 - 90 件を表示

9 / 12ページ
  • 【TI:ロジック】 バス・スイッチ 各シリーズの特性

    各シリーズの特性表になります。 各スペックは型番によって異なります。特性表は参考数値となります。 詳細表示

  • 【TI:ロジック】 ロジック全般 オープンドレインとは

    出力段にPchを持たない内部回路構成、つまり出力段のFETのドレインがどこともつながっていない状態になっています。 したがって、外部にプルアップされた電位がそのまま出力のHレベルとなります。ロジック製品の代表型番は、05/06/07となります。 この機能を利用して、期待される出力電圧レベルと同じ電... 詳細表示

    • No:3209
    • 公開日時:2019/02/28 21:11
    • 更新日時:2019/03/01 11:53
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 レベルシフタ 必要性と解決方法(昇圧)

    異なる電源電圧値が供給されたデバイス間の信号をそのままやり取りしてしまうと信号レベルが合わず、 デバイスが正確に動作しない現象が発生します。 そこで必要となるのが、電圧レベル変換機能です。 レベルシフタやレベル変換ICと呼ばれます。 低い電圧から高い電圧への信号伝送時の解決方法をいくつ... 詳細表示

    • No:3197
    • 公開日時:2019/02/28 20:58
    • 更新日時:2019/03/01 11:58
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 レベルシフタ 必要性と解決方法(降圧)

    異なる電源電圧値が、供給されたデバイス間の信号をそのままやり取りしてしまうと、 電源電圧値が小さいデバイス側の定格を超えてしまう現象が発生し、デバイスの破壊につながります。 そこで必要となるのが、電圧レベル変換機能です。 レベルシフタやレベル変換ICと呼ばれます。 高い電圧から低い電圧へ... 詳細表示

    • No:3196
    • 公開日時:2019/02/28 20:56
    • 更新日時:2019/03/01 12:00
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 ロジック全般 出力スキューとは

    出力スキューは同一パッケージ内の各ビット間における遅延時間(tpd)のばらつきを指します。 tsk(O)というスペックによって遅延時間のばらつきの最大値を保証します。 スキューは最大周波数に影響を及ぼすため、クロッキングシステムでは非常に重要です。 詳細表示

    • No:3195
    • 公開日時:2019/02/28 20:51
    • 更新日時:2019/06/11 15:51
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 ロジック全般 ダンピング抵抗とは

    反射によるオーバーシュート及びアンダーシュートを回避するために、一般的には出力にダンピング抵抗を 付加する手法が用いられます。 TI社ではダンピング抵抗内蔵の製品を一部取り扱っています。 <利点> ●ラインインピーダンスマッチングやライン終端がより容易 ... 詳細表示

    • No:3193
    • 公開日時:2019/02/28 20:41
    • 更新日時:2019/06/11 15:42
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 ロジック全般 バス・ホールドとは

    バス・ホールドはデータ入力部に付加された回路で、2つのインバータによりフィードバックされる構成になっています。 入力端子にLowの信号が入力されると、バス・ホールド回路もLowを出力します。 また、Highの信号が入力されるとHighを出力します。 このようにバス・ホールド回路は入力される信... 詳細表示

    • No:3191
    • 公開日時:2019/02/28 20:38
    • 更新日時:2019/06/11 15:41
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 ロジック全般 パワー・アップ・スリーステートとパーシャル・パワーダウンの違い

    ●パワー・アップ・スリーステート(IOZPU/PD保証) VCC=0V~パワー・アップ・スリーステート規定電圧までの出力リーク電流を保証します。 /OE端子をプルアップすることで電源オン/オフの過渡時或いは 基板コネクタへの脱着時に、より確実にHi-Z状態を維持させることが出来ます。 ... 詳細表示

    • No:3190
    • 公開日時:2019/02/28 20:34
    • 更新日時:2019/06/11 15:37
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 ロジック全般 パワー・アップ・スリーステート

    保守点検などの為にシステムの電源を切断することなく動作中のバス・ラインにデバイスや基板などを 抜き差しすることがあります。このような活線挿抜アプリケーションに対応する為に内蔵されている 回路があります。この回路は電源電圧を監視し、Vccが0~1.5V※の間は出力を強制的に ハイ・インピーダン... 詳細表示

    • No:3187
    • 公開日時:2019/02/28 20:31
    • 更新日時:2019/03/28 15:52
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 ロジック全般 Ioffスペックとは

    Ioffとは、電源電圧OFF(Vcc=0V)時(パーシャル・パワーダウンなど)に入出力に流れ込む電流を指します。 Ioffで電流値を制限することにより入出力がハイ・インピーダンス(Hi-Z)状態になる事を保証します。 部分的に電力を遮断して、低消費電力化を目指すパーシャル・パワーダウン アプリケ... 詳細表示

    • No:3186
    • 公開日時:2019/02/28 20:28
    • 更新日時:2019/03/28 15:47
    • カテゴリー: ロジック

114件中 81 - 90 件を表示