• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1638
  • 公開日時 : 2018/08/22 17:43
  • 更新日時 : 2018/10/01 11:28
  • 印刷

【Lattice:CPLD】ispLEVER ClassicでispMACH4000シリーズをフィッティングするとGLB入力が制限を超えているというエラーが発生

ispLEVER ClassicでispMACH4000シリーズをフィッティングするとGLB入力が制限を超えているというエラーが発生します。
回避策を教えてください。
カテゴリー : 

回答

ispMACH4000シリーズのGLB(Global Logic Blocks)への入力本数は36本までとなっています。
そのI/Oブロックへ配置したロジックに大きな入力本数を持つ信号があるため、制限を超えています。
ispLEVER Classicで”Auto_buffering_for_high_glb_fanin"というオプション設定をすることで回避
できる場合もありますが、バッファ挿入されるためタイミングが変わる(遅くなる)というデメリット
があります。
また、どうしても回避できない場合はピン配置の変更をご検討ください。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます