• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 Texas Instruments 』 内のFAQ

323件中 301 - 310 件を表示

31 / 33ページ
  • 【TI:インターフェイス】 DP83822 電源投入時の電源シーケンス

    CenterTAPは、アナログ電源(AVD)と同電位にする必要があるため、AVDに接続してください。 電源シーケンスはデータシートのタイミング図(Figure 1.)を確認してください。 詳細表示

  • 【TI:ロジック】入力ヒステリシス特性とは

    入力信号が立ち上がる時と立ち下がる時で異なるしきい値を持つデバイスがあり、この2つのしきい値の差をヒステリシスと言います。 しきい値はシリーズにより異なりますが、おおよそ数百mVです。 ヒステリシス特性を有していると、信号のスロー入力に対する耐力が向上し、入力信号のノイズによる誤動作も防いでくれま... 詳細表示

    • No:4224
    • 公開日時:2019/10/02 08:44
    • 更新日時:2019/11/12 09:28
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:スイッチ/マルチプレクサ】 SN74CB3T3306 レベル変換について

    はい、できます。 出力信号を目的の電圧でプルアップしてください。 各IO端子は5Vトレラントとなり、最大+5Vまでプルアップできます。 参考回路が下記資料にあります。 ◇CBT-C, CB3T, and CB3Q Signal-Switch Families ... 詳細表示

  • 【TI:ロジック】 レベルシフタ 必要性と解決方法(降圧)

    異なる電源電圧値が、供給されたデバイス間の信号をそのままやり取りしてしまうと、 電源電圧値が小さいデバイス側の定格を超えてしまう現象が発生し、デバイスの破壊につながります。 そこで必要となるのが、電圧レベル変換機能です。 レベルシフタやレベル変換ICと呼ばれます。 高い電圧から低い電圧へ... 詳細表示

    • No:3196
    • 公開日時:2019/02/28 20:56
    • 更新日時:2019/03/01 12:00
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:センサ】 IWR1443BOOST 角度分解能と精度

    角度分解能は2本以上のアンテナの配置によって決まります。 IWR1443BOOSTでは、水平方向のアンテナは、受信4本 × 送信2本で仮想的に8本あることと等価になります。 垂直方向は高さの違う2本の送信アンテナがあるので、送信2本 × 受信1本で2本あることと等価になります。 角度分解... 詳細表示

  • 【TI:オーディオ】 TPA3255 内部ゲイン及び回路構成について

    出力特性から150W/8Ω(THD=1%)を得る為にはBTL接続でVdd=52Vが必要です。(データシート11ページの図8より)  PBTL接続とした場合でも出力段FETのON抵抗半減による電圧振幅の増加はごくわずかです。 但しTHD=10%の規定であればVdd=48Vで160W/8Ωの出力が得られま... 詳細表示

    • No:644
    • 公開日時:2018/08/10 10:05
    • 更新日時:2018/10/01 19:07
    • カテゴリー: オーディオ
  • 【TI:ロジック】 ロジック全般 パワー・アップ・スリーステートとパーシャル・パワーダウンの違い

    ●パワー・アップ・スリーステート(IOZPU/PD保証) VCC=0V~パワー・アップ・スリーステート規定電圧までの出力リーク電流を保証します。 /OE端子をプルアップすることで電源オン/オフの過渡時或いは 基板コネクタへの脱着時に、より確実にHi-Z状態を維持させることが出来ます。 ... 詳細表示

    • No:3190
    • 公開日時:2019/02/28 20:34
    • 更新日時:2019/06/11 15:37
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:ロジック】 未使用端子の処理について

    入力端子がオープン(端子処理なし)の状態は、ノイズなど外部の影響をうけ電位が変化しやすい状態となります。 意図しない電位の変動により、デバイスの誤動作や過電流が流れることがあります。 このような誤動作の対策として入力端子は、レベルを固定することが必要となります。 このとき、短絡など大電流による回... 詳細表示

    • No:3353
    • 公開日時:2019/03/27 15:06
    • 更新日時:2019/07/31 15:39
    • カテゴリー: ロジック
  • 【TI:モーター・ドライバ】 DRV8835 消費電力とジャンクション温度の考え方

    ①周囲温度の条件によりますが、室温であれば問題ありません。 DRV8835の消費電力については、データシートP.16の10.3.1 Power Dissipationの式(2)から算出します。  Power ≈ IRMS^2 × (High-Side RDS(on)+ Low-Side RDS(o... 詳細表示

  • 【TI:電源IC】 TPS55318/9 Power Good端子について

    6.5V以下であれば電気的に問題ありませんが、PGOODはVDD端子が1V以上で有効となります。 プルアップ先の電源がVDDより先に供給される場合、PGOOD端子はOpenとなりますので、 VOUTが設定値でないにも関わらずHighとなります。 PGOOD出力をENとANDを取る等の対策で回避可能ですが... 詳細表示

    • No:771
    • 公開日時:2018/08/17 13:14
    • 更新日時:2019/10/01 16:34
    • カテゴリー: 電源IC

323件中 301 - 310 件を表示

※FAQにて問題が解決しない場合は、ヘルプデスク(お問い合わせ)をご利用ください。 新規のお問い合わせは、各製品カテゴリーのページより受け付けております。 お問い合わせの内容に適した製品カテゴリーを選択し、お問い合わせください。 「お問い合わせ」のリンクが表示されない方は、下記を確認ください。
【TEDサポートウェブ】 ヘルプデスクメーカー追加依頼
※FAQにて問題が解決しない場合は、ヘルプデスク(お問い合わせ)をご利用ください。 ヘルプデスク(お問い合わせ)のご利用には、ログインが必要です。
≪ログインはこちらから≫
アカウントをお持ちでない方は、下記を確認ください。
【TEDサポートウェブ】ヘルプデスク(お問い合わせ)の利用について
※管理者画面からはヘルプデスク(お問い合わせ)が利用できません。 問い合わせを行いたい方は、エンドユーザーアカウントにて ログインし直してください。