• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 アンプ 』 内のFAQ

23件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • 【TI:その他】 パッケージ Tjunction(ジャンクション温度)の確認方法

    ジャンクション温度(Tj)は、使用方法や環境 (PCBの素材や気温)によって一概に規定できませんが、 参考値を算出されたい場合は、以下の資料とデータシートの値で算出できます。 ・Semiconductor and IC Package Thermal Metrics (spra953) 詳細表示

  • 【TI:アンプ】 コンパレータ 未使用端子の処理

    処理方法は二通りあります。 ①未使用端子はVCMの範囲以内で、IN+とIN-のそれぞれを明確に違うレベルに設定してください。   VCMが電源のレールまで許されているならば、一方の入力をVCCへ別の片方をグランドへ接続してください。   出力はオープンのままにしてください。 ... 詳細表示

    • No:1180
    • 公開日時:2018/08/27 11:37
    • 更新日時:2018/10/01 16:11
    • カテゴリー: アンプ
  • 【TI:アンプ】 オペアンプ 未使用端子の処理

    未使用端子はオープンにしないでください。 ESDによる破壊や動作が不定になり  ICに大きなストレスが生じる。  ノイズが発生する。 等の影響でクロストークの発生や消費電力の増加等の恐れがあります。 基本的な処理方法は正常に動作する時と同じ条件を満足させれば問題がなくなります... 詳細表示

    • No:1182
    • 公開日時:2018/08/27 11:37
    • 更新日時:2018/12/17 10:08
    • カテゴリー: アンプ
  • 【TI:アンプ】 電流帰還型オペアンプの使い方

    電流帰還型オペアンプはフィードバック抵抗 の値によって、周波数特性が変化します。必要な帯域幅・ゲインを得るには、RF を変えて帯域幅を調整し、RG でゲインを決めます。 一般的に電流帰還形オペアンプのデータシートに設定抵抗値が記載されています。 電流帰還型オペアンプでは、外付け抵抗の値 を正しく調整す... 詳細表示

    • No:1572
    • 公開日時:2018/09/11 19:22
    • 更新日時:2018/10/01 15:24
    • カテゴリー: アンプ
  • 【TI:アンプ】 他社オペアンプのTI相当品

    TI社ではオペアンプのクロスリファレンスのページがあります。 クロスリファレンス "他社製品の型番"に入力して、"submit"をクリックすると、TIオペアンプの相当品を検索致します。 なお、オペアンプの場合は使用方法によって必要なスペックが異なりますので、 あくま... 詳細表示

    • No:6265
    • 公開日時:2020/09/30 08:26
    • 更新日時:2021/07/28 15:15
    • カテゴリー: アンプ
  • 【TI:アンプ】 入力電圧について

    入力端子へ流せる最大電流が規定されているオペアンプの場合、 高電圧印加時にその電流以下になるような電流制限抵抗を入れることで保護が出来ます。 最大電流が規定されていない場合は、オペアンプの入力端子と電源間にダイオードを接続してください。 また、高電圧印加時にダイオードが破壊されないように、オ... 詳細表示

    • No:3406
    • 公開日時:2019/03/28 17:43
    • 更新日時:2019/08/22 16:33
    • カテゴリー: アンプ
  • 【TI:アンプ】 LOG112/2112 出力飽和時の異常電流について

    ① ICとしての動作は、0Aに近い電流印加によって出力電圧が飽和する現象は、デバイスとしては仕様通りの動作です。  Tina-TIでのシミュレーション結果でも同様の結果が得られます。 ②LOG2112に0Aに近い電流(100pA未満)を印加した場合に、出力電圧が電源電圧付近に飽和すると、 ... 詳細表示

    • No:454
    • 公開日時:2018/08/03 11:57
    • 更新日時:2019/01/30 15:42
    • カテゴリー: アンプ
  • 【TI:アンプ】 オペアンプをコンパレータとして使う方法

    オペアンプの差動入力保護の為、バック・トゥ・バック・ダイオードが接続されている製品はコンパレータとして使用できません。 ダイオードの有無は通常、絶対最大定格欄の「差動入力レンジ」および内部ブロック図等で確認できます。 差動入力レンジが電源電圧範囲と同じ、またはそれ以上の製品であれば使用できますが、 ... 詳細表示

    • No:1084
    • 公開日時:2018/08/23 12:09
    • 更新日時:2018/10/01 17:18
    • カテゴリー: アンプ
  • 【TI:アンプ】 LM339 コモンモード入力電圧範囲外の挙動

    入力電圧範囲については、データシートにInput Voltage Rangeという 項目があり、ここに今回の条件による動作が記載されています。 IN+がコモンモード電圧範囲よりも高くなっている場合、  ①IN +がコモンモードより高く、IN-がコモンモードのとき、出力はハイインピーダ... 詳細表示

    • No:2361
    • 公開日時:2018/10/30 17:29
    • カテゴリー: アンプ
  • 【TI:アンプ】 XTR110 入力電圧と出力電流の調整方法について

    製品としては、XTR110とXTR111の二つについて特長を説明します。 ① XTR110 データシートP.6の"FIGURE 1. Basic Circuit Connection"に記載されているように、 ピン接続により入力電圧に対する出力電流レンジを設定可能です。 また、デー... 詳細表示

    • No:393
    • 公開日時:2018/07/30 17:14
    • 更新日時:2019/01/30 15:39
    • カテゴリー: アンプ

23件中 1 - 10 件を表示

※FAQにて問題が解決しない場合は、ヘルプデスク(お問い合わせ)をご利用ください。 新規のお問い合わせは、各製品カテゴリーのページより受け付けております。 お問い合わせの内容に適した製品カテゴリーを選択し、お問い合わせください。 「お問い合わせ」のリンクが表示されない方は、下記を確認ください。
【TEDサポートウェブ】 ヘルプデスクメーカー追加依頼
※FAQにて問題が解決しない場合は、ヘルプデスク(お問い合わせ)をご利用ください。 ヘルプデスク(お問い合わせ)のご利用には、ログインが必要です。
≪ログインはこちらから≫
アカウントをお持ちでない方は、下記を確認ください。
【TEDサポートウェブ】ヘルプデスク(お問い合わせ)の利用について
※管理者画面からはヘルプデスク(お問い合わせ)が利用できません。 問い合わせを行いたい方は、エンドユーザーアカウントにて ログインし直してください。